カーボンオフセット付きメンテナンスサービス

東京美装興業が提供するカーボンオフセット付きメンテナンスサービスには

1.カーボンオフセット付きメンテナンスサービス
2.再生可能エネルギークレジットサービス

の2つのサービスがあります。
お客様に合ったサービスをご提供することができます。

サービスフロー

サービスフロー
オフセット証書

東京美装興業がお客様の建物にメンテナンスサービスをご提供した際に発生した温室効果ガスはカーボンオフセットで相殺。建物内で東京美装興業が使用した電力は再生可能エネルギークレジット又はカーボンオフセットで相殺いたします。

カーボンオフセットでは、地球環境に貢献することで、企業のCSRやブランドイメージ向上にも繋がります。

再生可能エネルギークレジットでは、東京都の温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度に対応し、未削減分を再生可能エネルギークレジットへ変換することで温室効果ガスの排出量の代替え削減が出来、企業のブランドイメージの向上に繋がり、またグリーン電力証書等の発行により企業の事業性と環境配慮を両立する事ができます。

サービスメニュー(カーボンオフセット・再生可能エネルギークレジット共通)

緑地メンテナンスサービス

カーボンオフセットの対象となる温室効果ガス
  • 作業現場への往復移動車両から発生する温室効果ガス
  • 草刈等の作業時に作業機械から発生する温室効果ガス
  • 作業時に発生した枝木等を収集運搬する車両から発生する温室効果ガス
再生可能エネルギークレジットの対象となるCO2
  • 草刈等の作業時に建物内で使用した電力

清掃メンテナンスサービス

カーボンオフセットの対象となる温室効果ガス
  • 作業時に発生する温室効果ガス
  • 作業現場への往復移動車両から発生する温室効果ガス
再生可能エネルギークレジットの対象となるCO2
  • 作業時に建物内で使用した電力

カーボンオフセットとは

どうしても減らすことのできない温室効果ガスを排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資する事により排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方です。

再生可能エネルギークレジットとは

再生可能エネルギーによる電力に対して発行を行うことを“再生可能エネルギークレジット”といいます。
対象となる再生可能エネルギーは太陽光、風力、水力(1万kw以下)、地熱、バイオマスで、削減量を算出する際の換算倍率が異なります。(太陽光、風力、水力(1万kw以下)は1.5倍換算)
また、2010年4月東京都において日本発の“温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度”が導入されました。
対象事業所では、5年間で6~8%のCO2削減義務率が定められ、過不足文を1.自らで削減 2.排出量取引の2通りから選択します。(再生可能エネルギークレジットは 2.排出量取引に該当します)

実績事例(カーボンオフセット付き緑地メンテナンスサービス)

地区 案件名 お客様 導入日 オフセット数量
東京 コンワビル (株)懇和会館様 2010年5月 0.141t-CO2/年
         
本サービスのお問い合わせ先は・・・【03-5322-2735】東京美装興業株式会社 ファシリティマネジメント部まで