KNOW 人を知る

神奈川支店 入社3年目先輩社員

Q01東京美装興業に応募したきっかけとは?

通っていた女子大で東京美装の会社説明会があって、そこで説明を聞いて興味を持ちました。正直に言うと仕事内容というよりは福利厚生がしっかりしていることと、人事の方の雰囲気や話し方で良い会社そうだなと感じて応募を決めました。
福利厚生の中に寮と住宅補助があって、実家が遠くて東京までは通えないかなと考えていたので、その点はとても魅力的でした。
あと交友共済会というのがありまして、レクリエーション費用や慶弔金関係も出るということで「きちんとした会社かな」という印象を受けました。説明してくださった人事の方は物腰が柔らかくて、正直に何でも答えてくださるところが好印象でした。

Q02現在の仕事は何をしていますか?

今は営業課で商業施設やリゾートホテル、研修センターなどを担当しています。そこで清掃・ベットメイキング・設備などに従事するスタッフ約110名の労務管理と、お客様へのお見積もりや請求書の作成、現状報告、今後の改善点のご相談やご提案を行っています。例えば、研修センターではベットメイキングと清掃がメインの業務なんですが、先日それに加えて建築関連のご提案、雨漏りを回避するためにガラスの継ぎ目のコーキング部分の修繕をご提案・施工させて頂きました。「東京美装はこういこともできるんだね。」と知って頂けて、その後「今度はこういうのも直せる?」とお客様からの方からお声かけがあったので、今後に繋がる活動になったかなと思います。

Q03入社前と後でのイメージのギャップはありますか?

一番びっくりしたのは会社でスキー部を持っていることと、創業者 故八木祐四郎が長野オリンピックの選手団長を務められていたということですね。わりと知られている会社だったのかな、と思いました。
あとは飲み会が多いイメージもあって強制なのかなと思っていたのですが、ここの支店はそんなこともなくて、「行きたい人が参加すれば良いよ」という感じなので、結構色々とギャップはありました。

Q04入社後の研修はどんな事をしましたか?

新入社員入社時研修は半年間あって、本社での研修の他に設備・清掃の現場にそれぞれ一ヶ月ずつ入りました。実際の現場で清掃、設備、警備、ホテルのベッドメイキングなどの仕事を学びました。
新入社員入社時研修の後は神奈川支店に仮配属となり、ブラザーと一緒に行動して仕事を教わりました。最初はビルメンテナンスについての知識は全くなかったのですが、いきなり担当を持つことはなく、まずは一年かけてしっかり勉強させて頂きました。

Q05社内の人間関係はどんな感じですか?

私は社会のことを全然知らないで入社しましたが、先輩には業務はもちろんお客様との接し方や社会人としてのルールも教えて頂きました。
昔の苦労話なども隠さず教えてくださるので、どこに気をつければいいのかもわかりましたし、今しっかりしている先輩も自分と同じように悩んだことを知って親近感が湧きました。今では先輩や上司との距離を近く感じて私からも色んな話をしています。

Q06仕事をするうえで気をつけている事は何ですか?

お客様・社員どちらに対してもですが、正直に話すことと、「こうだと思います」で答えて間違ったことをお伝えすることがないように、きちんと調べてから話すようにしています。
あとは基本的なことなのですが、話を聞く時にメモを取るとか、会議の最後にきちんと確認するように気をつけています。

応募する方へのメッセージ

始めからビルメンテナンスをやりたい仕事に挙げる人は少ないと思いますが、建物を守り環境を守ることで、そこにいる人の快適な生活を守る大切な仕事です。
また私がそうだったように男性のイメージが強いかもしれませんが、女性ならではの視点を求められることが多々あります。
建物の利用者は男性も女性もいますから両方の視点が必要とされます。
東京美装の社員だけでなくお客様や協力業者さんなど様々な人との出会いもあります。
明るくて、人と関わるのが好きな人であれば楽しい仕事だし、きっとやりがいと喜びを見つけられると思います。

人を知る

  • 入社1年目先輩社員 新卒採用 (H27年入社) 東京支店勤務
  • 入社2年目先輩社員 新卒採用 (H26年入社) 北関東支店勤務
  • 入社3年目先輩社員 新卒採用 (H25年入社) 神奈川支店勤務
  • 設備管理技術者先輩社員 設備採用 (H26年入社) 城南営業所
  • 入社2年目先輩社員 中途採用 (H20年入社) 東京支店勤務