東京美装とスポーツ

スポーツ精神と闘志

創業者である故八木祐四郎は「スポーツは企業発展のための栄養剤となり、すべてのものに対しての闘志を燃やすための起爆剤となっている。」といい、その考えを「スポーツ精神と闘志」と表現し社内に浸透させ当社発展に繋げてまいりました。
厳しい練習に耐え、試練を体験し、そして秩序ある生活を経験したスポーツマンは、礼儀正しく、誠実で、動作が機敏で、感謝の気持ちと思いやりの心を持ち、努力を惜しまず忍耐力があり、それが必ず仕事に活かされると考え、今もなお、東京美装グループは、その精神を受け継いでおります。

東京美装グループスキー部

スケート

浜道 隆寛
浜道 隆寛1994年入社
1994
リレハンメルオリンピック日本代表
浅間選抜スピードスケート競技会  500m 優勝
1995
ワールドカップ(Davos/Switzerland) 500m 3位
冬季アジア競技会 500m 優勝
浅間選抜スピードスケート競技会 500m 優勝
1996
全日本実業団スピードスケート競技会 500m 優勝
浅間選抜スピードスケート競技会 500m 優勝

ボブスレー

脇田 寿雄
脇田 寿雄1988年入社
1988
カルガリーオリンピック出場
1992
アルベールビルオリンピック出場
1994
リレハンメルオリンピック出場
1998
長野オリンピック出場

ボクシング

佐藤 英敏
佐藤 英敏1984年入社
1987
日本実業団選手権 フェザー級 優勝
全日本社会人選手権 フェザー級 優勝
1988
全日本社会人選手権 ライト級 優勝
1989
日本実業団選手権 ライト級 優勝

全道選手権は通算8回優勝

水球

高木 弘毅
高木 弘毅1961年入社
1960
東京オリンピック出場
1964
ローマオリンピック出場

選手引退後は、1967年夏季ユニバーシアード大会の水球コーチ、
1974年アジア大会の水球監督として後進の指導にあたる。